海

もっと知って欲しい。単純に感動するような歌ではないのですが、とても刺激といいますか熱いものを感じたので紹介させて頂きます。
( ;∀;) イイハナシダナー( ;∀;) カンドーシタってひとは

ぽちっとどっちかのボタンおして(人∀・)タノム

ブログランキング・にほんブログ村へ


THE BOOMの島唄という歌をみなさんご存知でしょう?
この歌を私はなんとなく聞いていたのですが、実は沖縄戦争について歌った歌だということをYOUTUBEの以下の動画で知りました。
沖縄の魂を歌った歌ですね。感動しました。そして、調べたら実はTHE BOOMは沖縄出身ではないんですね…以下が本当の意味という歌詞です。
でいごの花が咲き 風を呼び 嵐が来た

1945年4月1日 春が訪れ沖縄本島に米軍が上陸した

でいごが咲き乱れ 風を呼び 嵐が来た

 4月から6月 米軍の侵攻が続いた

繰り返す 哀しみは 島わたる 波のよう

米軍の残酷な殺戮は寄せては引く波の様に繰り返された
 
ウージの森で あなたと出会い

サトウキビ畑で 出会ったあなた 

ウージの下で 千代にさよなら

ガマ=鍾乳洞=防空壕の中で永遠のお別れをした

島唄よ 風にのり

島唄よ 海の向こうの本土まで届けておくれ

島と共に 海を渡れ

亡くなった人々の魂を、沖縄の悲しみを

島唄よ 風にのり届けておくれ

島唄よ 海の向こうのニライカナイ(天国)まで届けておくれ

わたしぬ涙

亡くなった人々の魂を、私の思いを

でいごの花も散り さざ波がゆれるだけ

今はあの悪夢が嘘のように静かだ 
幸せな日々の生活は

ささやかな幸せは うたかたぬ波の花

幸せな日々の生活は はかなく消え去った 

ウージの森で 歌った友よ

一緒に歌い遊んだ、あなた防空壕で自決する前に

ウージの下で 八千代に別れ

防空壕で自決する前に泣きながら故郷を歌った

島唄よ 風にのり

島唄よ風にのって

鳥とともに 海を渡れ

魂と共に 海を越えて 

島唄よ 風にのり

あの人の居るニライカナイへ 

届けておくれ

私の愛を届けておくれ

私の愛を

私の愛を

海よ 宇宙よ 神よ 命よ

海よ 宇宙よ 神よ 命よ

このまま永遠に夕凪を

今、あなたを思い、永遠の平和を祈る

島唄よ 風にのり

魂と共に 海を越えて

島唄よ 風にのり

あの人のいるニライカナイ(天国)へ

届けておくれ

わたしの愛を

わたしぬ涙

わたしの涙を届けておくれ

以下繰り返し

 

こちらが動画になります。いい歌だな~敬礼(`・ω・´)ゞ